大阪で子育て世代のためのおしゃれなリノベーション物件を探す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て世代が大阪でおしゃれなリノベーション物件を探すときに、どんな物件が良いのでしょうか。まず、最低でも1DK以上は必要になります。可能ならば2DKであればより良いです。なぜならば、1部屋は普段使いの部屋としても、もう1部屋は物を置ける部屋として確保しておくべきだからです。もちろん、部屋がもう少しあれば、客用の部屋にしたり、風邪などを引いたときに寝ていられる部屋にもなります。
しかし、大きすぎるのもまた考えものです。それだけ掃除の手間が増えますし、余計なものを買って、かえって部屋を狭くしてしまうこともあります。また、部屋数が多くなれば、それだけ家賃も高くなります。これは子供の人数と年齢にも関わってきます。人数が多くなれば部屋数も増えますし、たとえ子供が二人だけでも、中学生以上になってくれば、それぞれが部屋を欲しがります。そのため、物件を探す際は、子供の年齢と人数も考慮に入れなければなりません。

子育て世代が大阪でリノベーション物件を選ぶ場合の注意

子育て中であれば、できれば1階の部屋を選ぶ方が良いでしょう。なぜなら、子供は部屋で遊んで飛び跳ねたりもしますから、2階以上の部屋だと階下の住人に迷惑が掛かります。1階であれば、それを気にしなくて済みます。
次に、2階以上だと、子供が落ちる危険性があります。2階からでも落ちれば命が危険にさらされますし、それ以上の階であればなおさらでしょう。また、2階以上は外出などで階段の上り下りがかなり大変になります。子供を抱えていたり、大きな買い物袋があったりすると、何回もの上り下りは重労働になります。
子育て世代には、木造住宅よりも鉄筋コンクリート造りの方が良いです。これは騒音対策になるからです。赤ちゃんなどがいれば、昼夜の別なく泣くでしょうし、ある程度大きくなっても、走り回ったり大声を出したりします。それは隣近所への騒音になりますので、そのたびに両親はストレスを抱えることになります。

賃貸物件選びのチェックポイント

大阪で子育て世代ができるだけおしゃれなリノベーション物件を選ぼうと思ったら、見た目だけではいけません。家族みんなで暮らすのであれば、それなりにチェックしておかなくてはならないポイントがあります。
まず、その物件に住んでいる人々がどんな人たちかです。子供が多い地域や物件は、自分の子供が馴染めるかどうかが問題になります。あるいは学生が多い場合は、夜遅くまで騒いでいるということもあります。また、隣近所に受験中の子供などがいる場合は、赤ちゃんの夜泣きがトラブルになることもあります。まずは、物件の周辺にどんな人が住んでいるのかをできるだけ調べましょう。
次に保育園や学校が近くにあるのかどうかも調べます。保育園や学校が近ければ、通学や安全の面でも助かります。最近ではスクールバスでの送り迎えがありますから、それがどこなのかも事前に調べておきます。
病院の場所の確認も大切です。子供が突然熱を出したりすることはよくあるので、どこに病院があるのかの確認は重要です。あまり遠いと、いざというときに困ることにもなりかねません。コンビニの場所の確認もしましょう。突然、乾電池などの小物が必要になった時、コンビニが近くにあるととても便利です。
以上のことは、物件を選ぶときの最低限のチェックポイントです。これらをチェックした上で、自分にとって一番良い物件を選べば、後々悔やむことも少なくなります。