おしゃれな一人暮らし用リノベーション物件を大阪で申し込む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマンが大阪などに単身で転勤をして、一人暮らしを始める際には注意すべきことがあります。大阪への転勤が決まったら、まず最初に転居先を決めなければなりません。その際、住むべき場所を決めて不動産会社へ出向くことになりますが、この時、予約をしないで行ってはいけません。そうしないと、物件に対して特にこだわりがないように見え、条件に合う物件を勧めてもらうことが難しくなる可能性があります。まずは予約をして、ある程度の情報を先方に与えておけば、不動産会社もそれなりの準備をして待ってくれるので、効率的になります。
おしゃれなリノベーション物件を探すときには、インターネットでの検索も便利です。大手の不動産会社や住宅供給公社などはホームページを持っていますので、まずはそこで検索してみましょう。写真なども見ることができるため、良い物件が見つかることもあります。

単身者用の公共賃貸物件が狙い目

安くてしっかりとしている物件として、公共賃貸物件があります。これは一般的にはファミリー向けのみと思われていますが、実は単身者用の物件もあります。この公共賃貸物件には様々な魅力があります。
まず、礼金や仲介手数料、更新料が0円ということです。また、保証人がいなくても入居できますし、法人での契約も可能です。その上、リノベーションした物件やDIYが可能な物件も多くあります。ここは単身での申し込みもできますが、数人でシェアハウスして使用するという方法も採用できます。
様々な魅力に満ちているこの公共賃貸物件は、単身者にとっても意外な狙い目となります。

公共賃貸物件の単身申し込み

公社の賃貸には、二つの住宅があります。一つは一般賃貸住宅であり、もう一つは公営住宅です。まず、一般賃貸住宅の場合、入居資格として公社が定める一定以上の収入があることが条件となります。つまりこの住居資格を満たしていれば、単身でも入居できるというわけです。
次に、公営住宅の方は、収入が低い世帯を対象にしており、一定所得以下の世帯が対象となっていて、単身者は対象外とされてきました。しかし、最近では単身者でも一定の条件を満たせば入居できるようになってきました。単身者の入居資格としては、60歳以上、心身障碍者、DVを受けている人、生活保護受給者など、いずれかの資格を満たしていることが条件になっています。
公社の賃貸物件には、とても魅力的でおしゃれなものが多数あります。もし、自分がこれらの条件に当てはまるようなら、一度申し込んでみても損はないでしょう。