鼻尖縮小整形通信

鼻尖縮小はいろんな治療法から選べます

鼻尖縮小ですっとした美人顔に

鼻尖縮小術とは鼻先をほっそりとさせる手術ですが様々な施術方法があります。鼻翼軟骨の余分な脂肪部分を除去し、さらに鼻翼軟骨の上側を切除し、軟骨の縫合や移植を行います。方法としてはオープン法(鼻柱を切開して軟部組織と軟骨を切除する方法)とクローズ法(鼻の中から軟部組織と軟骨を切除する方法)とに分けられます。多くのクリニックで行われていますが安いクリニックでは10~15万円程度で出来ますが30万円前後を目安にして下さい。プチ鼻尖縮小術は、糸の本数によって料金は変わりますが、2万円前後です。麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。



鼻尖縮小における治療法



鼻尖縮小とは、太い、丸いといわれるだんご鼻とよばれているような状態について、鼻尖を細くしていくことで解消していく手術であり、鼻における状態や希望について鼻先を下に向けたり、上に向けたいなど、医師によっては具体的な手術に関する方法はいくつかあり、一般的においては、鼻尖に関する皮膚や鼻翼軟骨の間に存在する脂肪組織を切除した上で皮膚を薄くして、左右にある鼻翼軟骨については真ん中に寄せていきながら縫い合わせていくことによってこれらを細くしていき、切開していく場所に関しては、外から見えている位置にある皮膚表面について切開していくオープン法や、鼻孔内から切開していくクローズ法による2つに分けられ、オープン法については、視野が広くこれらの状態について正確に把握していきながら手術を行っていくことが出来ますが、外から見えている位置に傷跡ができ、一方において、クローズ法に関しては、外から見えている位置において傷跡が残らないといったメリットがございますが、手術を行っていく場合の視野が狭く、しかも、オープン法に比べて難易度が高くなっています。



鼻尖縮小とはどのような施術なのか



美容整形にも多くの種類がありますが、特に鼻は顔の真ん中にあることもあり、目立つのでコンプレックスを感じている人も少なくありません。鼻の美容整形には多くの種類がありますが、鼻尖縮小も人気の高い施術となっています。これがどんな施術なのかも知っておきたいですが、これは団子鼻をすっきりとした鼻にするための治療です。団子鼻になってしまう原因としては軟骨の発達や皮膚が発達して鼻が丸く見えるなど人により症状が違いがありますが、鼻尖縮小は軟骨が発達していて団子鼻になっている場合に効果を発揮してくれる施術です。施術の内容についても知っておきたいですが、症例によって治療には違いがあり、皮下脂肪が厚い場合はそれを取り除いて鼻をすっきりさせていきますし、皮膚が厚くなっている場合はそれを薄くして軟骨に密着させていきます。さらに左右の軟骨が離れている場合はそれを真ん中で縫い合わせる施術が選ばれることもあります。

数々の美容外科での勤務実績。 20年以上にわたる臨床経験がお役に立てます。 経験豊富な看護師と専属の麻酔医師が医療を支えます。 各種手術や処置内容によって料金は変わってきます。 当院では、鼻尖縮小など顔パーツのバランス等、顔面に関する様々なお悩みにお応えいたします。 モニター割引あり。2割から最大5割引き。手術によって割引率は異なります。 模擬手術の後、万全の状態で施術に臨みます。